ここ数年、竹小舞土壁の荒土が縦竹か横竹か、どちらから塗られているのか調査をしてきました。

ある左官屋さんは、「地震ではがれにくいように竹の縦面から塗る」といい、

書籍には、「縦から塗るという方もいるけど、横から塗るのが一般的だと」と書かれていたり、

ネットには、「縦から塗るのがよい」と書かれていたり、いろいろです。

おそらく、地域や職人、材料にも影響するので、正解はないのでしょう。

とは言っても、伝統的に行われてきたやり方は、どっちなのか知りたいのが心情ですし、調査時や解体時、改修時に注意して見てみました!

スライド1

これは、築100年の古民家(岐阜)です。竹が太い。横竹から塗っています。

京都の左官屋さんが、「古民家は竹が太いで!」と言っておられたのを思い出しました。

スライド2

こちらも先ほどと同じ岐阜の物件。室内も横竹から塗っています。

 

スライド3

こちらも岐阜。先ほどの物件ですが、一部、土壁で増築した部分がありました。

横竹から塗っています。お風呂だからか、片面塗です。

スライド4

これは、築88年の古民家(滋賀)です。

横竹から塗っています。

スライド5

こちらは、築60年の民家。愛媛です。

縦竹から塗っています。室内も同様です。

丸竹が使われています。

スライド6

こちらは、築53年の住宅。大阪です。

室内面ですが、縦竹から塗られています。丸竹です。

 

スライド7

こちらは、富田林寺内町の壁。

劣化で土壁が落ちています。見た感じ横竹に塗られています。

 

スライド8

京都与謝野町の防火戸。

縦竹から塗られています。片面です。

スライド9

こちらも、京都与謝野町の土壁。

板が張ってあるので、確実ではないですが、縦竹から片面塗のように見えます。

 

スライド10

こちらも、京都与謝野町の土壁。

地面から近い範囲の土が剥がれています。

土のはみ出し方を見ると、横竹から塗っているように見えます。

スライド11こちらは、奈良西大寺の塀の土壁。

縦竹から塗っているように見えますが、なんとも。。

 

まだ、いくつかあるので、まとまった時点でアップしていきます。

いまのところは、「どっちもそこそこある」って結論です。