鉄骨土壁高断熱改修Pの初回提案も終わり、ただいま要望返事待ちです。その間に、12月から3月までの冬期間に温湿度のデータロガーを設置させて頂いたので、その分析をしています。

下が相対湿度グラフです。左が雨のち曇りの2日間。右が晴れの2日間。

左グラフの雨の日は、湿度がすごい。。室内で70~90%って・・・。

右グラフは、晴れているのに湿度が高い部屋があります。

 

下写真は、容積絶対湿度グラフです。単位はm3です。

みたところ、水蒸気量の振れ幅が大きい。4~6g/m3も部屋によって差が出ているとなると。。。

高断熱はもちろん、換気に加え、調湿も重要になってきそうです。

調湿といえば土壁ですが、土壁の調湿に過度な期待は禁物です。

ご家族全員アレルギーに困られているので、適切な湿度コントロールが必要そうな住まいです。