今日からケイソウドの下塗りです。

まずは、養生作業です。左官は、現場に行っていきなり壁を塗るのではなく、まずは養生をしないといけません。

材料が飛び散らないようにシートとテープで保護し、ボードの継ぎ目に下塗り材と寒冷紗を張ります。

 

これが下塗り材です。

 

下塗りが完了するとこんな感じです。薄く塗っているので、まだ下地の跡が見えます。

上塗りを適当な厚みで塗りかさねると、継ぎ目が消えて綺麗な壁になります。

雰囲気がでてきました!!

やはり、手仕事は味わいがあっていいですね!質感が全く違います。

住まい手には、ご無理を言って、珪藻土クロスだったところを左官の珪藻土に変更させていただきました。

費用はかかりますが、これはきっと大正解でしょう。