平屋下鴨の家の見学会後、家の隙間がどれだけあるか計測してみました。

いつものように機械をセッティング。

これで、室内の空気をどんどんだして、家のどこから隙間風が入ってくるのか調べてました。

新築だけじゃなく、今住んでいる家、リフォーム中の家も測定可能です。

 

目張りをして、穴をあけます。

この穴からどんどん空気を排出します。

 

これは、風速計。

風が強すぎると、計測が精度良くできないので、要注意です。

さて、結果ですが、

160cm2の隙間があるとでました。10×16cmぐらいのサイズです。

床面積120.41m2で割ると、C=1.32cm2/m2でした。まあまあです。

 

玄関だけが木製建具なので、ココがやはりネックのようです。

玄関をテープで目張りすると、隙間面積は、95cm2になりました。10×9.5cmです。

結果、C=0.78cm2/m2と高性能です。

 

初めて気密住宅をつくった工務店にしては、この数値はなかなか良いのではないかと思います。やればできるね。