住宅医スクール大阪第八回目2018年度最終回です。

住宅医スクールが始まってからそろそろ10年です。担当理事(校長先生)として、6年ほど司会進行をしてきましたが、今年度でひとまず休息。少し肩の荷がおりました。

会場は、ほぼ一杯。実務が身につく講義ということで、カリキュラムが組まれているので、皆さん、熱心に聴いておられます。

1-2講義は、三澤文子先生、河本先生の基礎補強と屋根補強の実践報告の講義。屋根や基礎改修にかかる費用がm2あたりいくらぐらいになるかデータをだされています。かつ、構造補強の方法を河本先生が解説してくれます。とてもわかりやすい人気講義です。

3講義目は、アカデミーの辻先生の講義です。省エネ・外皮改修のお話。写真忘れました。。。

そして、4講義目は、住宅医検定会です。私も審査員となって、検定を受けている方に質問をします。

リフォームの場合は、限りある予算の中で、どれだけバランスよく家を治しているかを審査します。5000万もかけるのに、耐震改修も断熱改修もしない方は、あかんやろ。という指摘なんかもあります。逆に、新築ではないような事例を聞くことで、勉強させていただくことも多いです。

懇親会です。19名の参加ということで、楽しいひとときを過ごさせていただきました。写真載せると嫌がる方もいるので、ほぼ身内写真だけ少し紹介。

このお店は、デザートの飲み物にカフェラテを注文するのがオススメです。

猫さん描いてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA