今日は、下鴨の家の1年メンテナンス。

今回、温水床暖房の上部に無垢の栗のフローリングを採用したのですが、低温で使っていただいたおかげか、隙間がほとんどでていません。

ちょっとびっくり。使用頻度が少ないのかと思ったのですが、そうでもないようです。

乱短尺だと、フローリングを固定するのに手間がかかるのですが、それも効果的なのかもしれません。当然ながら、栗の乾燥がしっかりなされていたということも忘れてはいけません。