左官仕上をする際、石膏ボードのジョイント部の割れを軽減する方法

石膏ボードの上に左官仕上げをする場合、ジョイント部での割れを軽減するため、ビスのピッチを細かく打つようにしています。

目安は、下記の通り。
私は、左官仕上げをする場合、特記仕様書に、

壁 周辺@100-中間@150
天井  周辺@90-中間@120

と指定しています。

下地部位取付方法周辺部中間部
木製釘・ビス100~150150~200
釘・接着材併用350~450 350~450
天井釘・ビス90~120120~150
釘・接着剤併用250~350250~350

出典:NPO法人 湿式仕上技術センターより。JASSの規定を元に作成しているとのこと。
http://www.npo-stc.jp/sekkou_board/p2.html

 

壁@100だとこんな間隔です。

 

構造材は、JAS材です。直張りしています。

ぱっと見た瞬間、ビスの間隔がこんなものかと覚えておくと、左官仕上げをする前に気づけます。ビスの間隔が広すぎたことで割れてしまった場合、下地が悪くても、割れを直すのは左官屋さんなので、なんだか腑に落ちないこともあります。。

ですので、左官仕上げする前にきちんとチェックしておくと、施主さんも、工務店さんも、大工さんも、左官屋さんも、皆さんハッピーなのです。

周辺@100、中間@150で良かったのですが、工務店さんが気を利かせてくれて、中間も@100にしてくれました。

 

こちらは、里山上津台の家。天井は、石膏ボードの上、漆喰を塗っています。天井扇が動くと割れるかと思ったのですが、全く問題ありませんでした。

やはり、下地へのビスの間隔は、割れ軽減にはとても重要のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA