中庭型の町家が上棟しました!

手前と奥に建物が分かれた中庭型住居です。奥の道路側の建物は、ヴォリュームを抑えているので瓦屋根が大きく見えてきます。これは狙い通りです。

 

16日に土台搬入後土台敷き、23日に柱材が入り建方へ。28日に上棟、30日屋根仕舞中。

垂木の上、杉板30mmを張ります。軒裏木アラワシ仕様です。写真下部に集成材の梁が見えますが、ここに、オーバースイングドアが取り付きます。町並みに合わせて格子でつくるので、町並みにあわせてつくる手法として、今回の目玉になりそう。

 

土壁も塗ります。木小舞パネルを事前につくっていただき取り付けます。

 

外壁の色は、町並みの外壁色にできるだけあわせられるように、サンプルで確認中。板壁の色も色々あるので、どの色に合わせるのがいいのか、難しいところ。

ここは、茶色の板壁。

 

ここは、黒色の板壁。

ここは、赤茶の板壁。

光の当たり方によって色目が変化するので、なかなか悩ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA