京町家等の修繕を適法にする方法

用語の定義:遡及適用とは?

一定の修繕や模様替えを行う場合、原則として現行法に適合させる必要があります。これを遡及適用といいます。

DSC_4905以下は、遡及適用を受けないのでリフォームしたとしても適法で修繕が可能となります。

・瓦屋根や野地板の全面的な葺き替え

・土塗り壁の修繕(竹小舞を残す場合)
※小舞竹を直した場合は、修繕の壁面積の過半であれば、大規模の修繕にあたります。

・屋根の面積の半分以下の垂木の修繕

・急勾配の階段を現行法規に適合する階段に取換。

・柱や梁に添え柱、添え梁による補強。

・柱、梁の半数以下の修繕。

 

外観の修繕に関して。

以下は、遡及適用を受けないのでリフォームしたとしても適法で修繕が可能となります。

・モルタルから土壁にする。

・モルタルから垂木を表した軒裏に変更。

・告示仕様の防火設備に木材を張る。

・防火設備の外側に木格子を設置する。

 

用途変更に関して。

京町家を旅館等へ用途変更する場合、大掛かりな改修を行わずとも、容易に用途の変更ができます。
(大規模の修繕、模様替えに該当しないことが条件です)

2階以下、延床面積200m2未満の住宅を旅館へ用途変更する場合の事例

・延床面積100m2を超える特殊建築物への用途変更は、建築確認申請が必要です。

・防火:2階以下とし、200m2未満であれば、防火規定は適用されません。

・非常用照明、排煙設備等の避難規定を守る必要があります。

・防火地域、準防火地域の規定及び構造耐力の規定は、遡及適用されません。

・建ぺい率、容積率、高さ制限(道路、隣地、北側、高度)は、遡及適用を受けません。

・用途地域の制限は、遡及を受けます。

・消防:規模によるが、避難誘導灯、消火器の設置が必要。

・敷地内通路1.5m、特殊建築物の内装制限は適用されます。

 

旅館業法に関して。

・玄関帳簿の設置

・客室の床面積の制限

・入浴施設の設置

・洗面設備の設置

・便所の設置

が必要です。

中でも、玄関帳簿の設置に関しては、訪問者を受付するスペースが必要となります。

京都では、受付がなく、パスワードを入力してキーボックスで鍵を取って、という無人のタイプは違法ということでした。(衛生課担当者さん曰く)

 

以上、京町家できること集 より抜粋

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000161706.html