一昨日、有松の住宅を調査してきました。

床下を覗くと、玉石に敷土台。蟻害跡有り。

やっぱりか・・。という感想。

DSC_5344

改修案は、この玉石を撤去し、コンクリートを打ちます。

構造体は一旦解体し、工務店の土場まで持っていき、あとで建て直しをします。

撤去する部分、取り替える部分等、難易度がとても高いプロジェクトです。

さらには、文化庁もからんできているので、これまでで一番難しいかもしれません。

 

DSC_5652

構造設計をお願いしているK氏。

小屋組をチェックしてくれています。

汗だくで、蚊に刺された跡が痛々しかったです。

 

DSC_5908

さて、このお宅も見つけました!

片面土塗り。横竹側から塗っています。

隙間が20cmほどしかないので、裏返しができなかったようです。

 

有松の家、ただいま設計中です。