京都-土壁のトヨダヤスシ建築設計事務所-土と国産杉を使う住宅医の仕事

WORKS PHOTO PICKUP-住まいの写真をピックアップ

  • HOME »
  • WORKS PHOTO PICKUP-住まいの写真をピックアップ
オーダーメイドのキッチンです。キャビネットや扉は、無垢材を使いました。窓は木製建具+LOWEペアガラスです。キッチンからリビングダイニングやお庭を眺められるように設計しています。
LDKの天井高さは2.78mです。正面の窓は、メーカー製木製建具です。隙間風がなく、結露も起こっていません。床は、浮造りの杉フローリング。壁は、土壁に漆喰。天井も漆喰としました。
この通路は、奥様のためにつくった吹き矢レーンです。自然光とともに、多くの日射熱を取り込めます。床は、桧のフローリングとし、潜熱蓄熱材を敷込み蓄熱させています。壁は土壁に珪藻土を塗りました。
手前がリビングダイニングで、階段奥が子供室です。壁は、土塗りの上、珪藻土を塗りました。床は、上小節の国産カラ松フローリングです。天井は内装制限もあり漆喰塗りとしました。右手のお庭に面する建具は、木製建具に太鼓貼障子戸を設け断熱性能を向上しています。
100坪の古民家を2世帯住宅に再生しました。床はヒノキフローリング。天井は、Jパネルとし、古材と色合わせしました。壁は、漆喰とペンキです。建具は、既存建具を再利用しました。
終の棲家となる平屋の住宅です。正面の壁は、木製の塀です。ガラス屋根下部は物干しがあり、雨の日でもよく乾きます。中庭型の住宅とし、手前が寝室で中庭の奥がLDKとしています。
客間の壁と天井を、黄土色の糊土仕上げで仕上げました。天井は2.1mです。和室なので、右手の窓は高窓とし直射日光が入らないようにしました。左手の障子戸を開けると中庭を見ることができます。
LDKです。天井高さは3mあります。壁は白系の珪藻土で仕上げました。天井は紀州材の杉をアラワシ。カウンターや扉はナラ材です。天井扇を設けて、暖冷気だまりができないように配慮しました。
PAGETOP
Copyright(c) 2015-2019_ Yasushi TOYODA Architects Studio All Rights Reserved.