YOUTUBEにアップしている動画・シミュレーション一覧です。

詳しい解説は、YOUTUBEには掲載していないので、以下をご覧ください。

YOUTUBE はこちらからどうぞ。
https://www.youtube.com/user/toyotoyo82

出典:https://www.youtube.com/user/toyotoyo82

左:庇有。中央:庇無。右:小庇+床上。

二十四節気-雨水 2月21日の日照シミュレーションです。
温暖地では、せめてこのぐらいまでは、日射をたくさん取り入れたいところです。
 

左:庇有。中央:庇無。右:小庇+床上。

冬至12月22日の日照シミュレーションです。
冬至は、1年のなかで一番太陽高度が低い日です。この当時で日射を取り入れるシミュレーションをしても、この日以降、どんどん日射が入らなくなります。
 

左:庇有。中央:庇無。右:小庇+床上。

お盆明け8月21日の日照シミュレーションです。
温暖地では、お盆明けでも暑い日はくるのですが、せめてこのぐらいまでは、日射を遮るべきだと思います。
これ以降も日射を遮ろうとすると、3月~4月にかけて日射がはいらなくなるので、庇を出せばいいというものでもないのです。
 

左:庇有。中央:庇無。右:小庇+床上。

サキどり↑ NHK総合テレビジョンにて取り上げられました。
夏至6月21日の日照シミュレーションです。
夏至は、1年のなかで一番太陽高度が高い日です。この夏至で日射を遮るシミュレーションをしても、この日以降、どんどん日射が入ります。
温暖地の場合は、夏至で日射が入らないかチェックするのではなく、7月末から8月末にかけての太陽高度でチェックしないといけません。
  

土壁です。いつも実践している木小舞土塗り。築40年以上の建物で発見しました。バールで壊してみたところ、しっかり喰らいついているのですが、砂の分量が多いのか、なんだかサクイ感じです。
 

町並みにあわせて、格子戸をオーバースライドドアにしてみました。なんだか、ホワイトベースっぽい動き方です。
風通しにはやっぱり格子戸が一番。
 

   
更新状況
(200703 トップページからのリンクと、youtubeへのリンクをUP)
(200527 YOUTUBEページ新設)