京都-土壁のトヨダヤスシ建築設計事務所-土と国産杉を使う住宅医の仕事

西七条の町家

竣工写真撮影:平井美行

<設計主旨>
西七条の町家は、左官職人の腕を生かし、竹小舞を組んで土壁・漆喰を塗った伝統的な住まいとしています。土壁の性能を見出すため外張り断熱を採用しており、土壁との室内外温熱環境を検証し、耐震性、防火性に続き、蓄熱性の効果を数値化できないかと測定データの解析を進めている。又、ウッドマイルズや自立循環型住宅設計手法等の取り組みも率先して行い、省エネ・エコを追及しているのも特徴です。
断熱性と耐震性を同時に補えるこの手法を採用することで、京町家や土壁でできた膨大な木造住宅の改修市場への提案ができると考えています。
これらの取り組み・検証は、土を扱う若い左官職人と左官技術の継承が目的の一つであり、職人の必要性・存続を願うものです。豊田左官は、西暦1600年以前から続く左官業であり四百年の歴史を持ります。日本の風土に合った伝統と技を後世に受け継ぐ為、建築家と左官職人がコラボレーションし、次なる一歩を踏み出せればと思います。

<建築概要>
所在地:京都市
構造 :木造2階建て
主用途:専用住宅
延床面積:114.53 m2
竣工:2008年5月竣工
設計:トヨダヤスシ建築設計事務所
施工:豊田工業所
左官:豊田工業所

<主な仕上>
構造材:吉野杉
造作材:吉野杉
天井:Jパネルアラワシ
床:杉本実板張り30mm、15mm
内壁:竹小舞土壁の上、調合漆喰塗/石膏ボードの上、EP塗
外壁:鋼板サンドイッチパネルの上、杉本実板張り/小波板張
屋根:塗装/亜鉛めっき鋼板

<性能>
熱損失係数Q値:2.59 W/m2K
自立循環型住宅エネルギー削減率:29.38%
CASBEE 住まいの環境効率 Sランク
気密測定 C値:2.67cm2/m2
常時微動測定:東西方向 11.23Hz、南北方向 10.05Hz
ウッドマイルズ関連指標:流通把握80.71%、co2削減率58.10%

PAGETOP