室内側の防湿フィルムは、気密に影響するのか確かめてみました。

また、気密測定器の精度が機器によってかわるのか知りたかったので、2台ならベて測定してみました。

 

2台セットすると、こんな感じです。

 

穴をあけます。

私は四角カット派(左)で、N氏は丸カット派(右)。知っている人にしかわかりませんね(笑

 

こちらがA機種の画面。

数値が色々表示されています。測定は、10paごとにボタンを押す手動です。

 

こちらがB機種の画面。

こちらの画面はシンプルです。測定は、スイッチポンで自動で行われます。いいなー。

 

さて、気密測定器の精度結果は、

A機種:

総相当隙間面積 : αA(c㎡) 95cm2

相当隙間面積 : C(c㎡/㎡) 0.79cm2/m2

 

B機種:

総相当隙間面積 : αA(c㎡) 90cm2

相当隙間面積 : C(c㎡/㎡) 0.74cm2/m2

 

機器の精度は、約5%の誤差でした。まあこんなもんでしょうか。

 

そして、防湿フィルムがなくても気密は確保できているのかどうか?

数値をみても分かる通り、

確保できます!

収穫でした。

(注意:「防湿層なんて必要ない」といっているわけではないのでご注意ください。)