京都-土壁のトヨダヤスシ建築設計事務所-土と国産杉を使う住宅医の仕事
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 京都下鴨-平屋の家

京都下鴨-平屋の家

リビングの窓

リビングの窓がつきました。 来週からラス張りです。

国産吉野桧無地、国産栗上小節の床材を採用@京都下鴨-平屋の家

下鴨の家の床材は、国産の桧材、栗材です。 桧は、ほぼ無地という最高級品。栗も上小節ですので、写真のような程度の節です。 通常ルートだと20000~30000円/坪ぐらいしそうな材ですが、特別価格で仕入れました。 うーん。 …

中間検査立会@下鴨平屋

18日、中間検査の立会でした。9時からだったのですが、事故渋滞のため5分遅刻。。 検査は、すでに終わっていました(笑 LDKの工事の様子。天井が高いとなんだか気持ちがいいですね。 検査後、京都市役所へ。 新規依頼を頂いた …

上棟式でした

昨日は晴天のなか、上棟式でした。 お赤飯のお弁当、紅白まんじゅう、清酒など、お土産もいただきました。   横に伸びる桜も花びらがチラリ。桜の種類が違うのか、遅咲きのようです。

疎水の別れ道

右に行くか、左に行くかで運命が変わる。 でも、どっちも良い旅できそう。

天井断熱材315mm、面材で気密を取ってみました。

今回は、天井断熱です。過去2物件、袋なしの施工が大変という職人さんの意見もあり、今回は袋入りにしてみました。 滑りはよいので施工はしやすかったようです。   合板には、気密パッキンと気密テープ処理。室内が面材ア …

屋根仕舞@下鴨

棟があがり、屋根仕舞中です。 平屋の平入ですので、こうしてみると、とても大きな屋根です。   キッチンから中庭をみるとこんな感じ。天井は、Jパネルアラワシです。梁もとても綺麗です。   ここは、南面の …

桜満開3/28現在@下鴨

春がやってきました!疎水沿いのサクラが満開です。 ツボミもあるので、まだまだこれからという雰囲気です。 3/31、4/1、4/7、4/8の土日は、車移動は控えないと危険そう。

国産杉の柱と梁が骨組@京都下鴨平屋の家

サクラが満開の中、建方が始まりました。 材料は紀州材です。JAS同等材なので含水率20%以下です。   柱も梁も綺麗!壁に隠れてしまうのはもったいないぐらいです。 今回は、この梁に杉パネルを張り構面を硬めます。 …

紀州の山と伐採現場の見学&材料検品@山長商店

3月9日、材料検品のため、山長商店さんへ行ってきました。 この日は、伐採現場も見れるということで、せっかくなので見学です。 雨の予報だったのですが、とてもいいお天気になりました。   工事をしていただく工務店さ …

配筋検査。綺麗な配筋を見ると安心します。

下鴨平屋の家は、配筋工事中。3月2日の段階でこの状態。 どんどん工事が進んでいきます。   配置も確認。ぴったりです。   御札も鬼門にたててあります!   こちらは、3月5日の写真。大雨の …

地鎮祭の鎮め物が5つに分かれていました@下鴨平屋の家

1月31日、下鴨の家も地鎮祭を向かえました。申請がおり次第着工です。 神主さん、気合入っていました。あれだけ気合が入った発声はこれまで初めてです。 邪気を追い払ってくれるような、なんだか気持ちがいい式典でした。 鎮め物は …

敷地測量中、平板で敷地図を描く!平板見るの25年ぶりです。

工務店さんが、平板を使って敷地図を描いてくれました。 懐かしい。高校時代に実習したのを思い出しました。道具も見覚えのあるものばかりです。 昔は、こういやって敷地図描いたので、一度は体験しておいたほうがいいですね! &nb …

庭石のお引っ越し京都下鴨から神戸上津台へ

京都下鴨の家は、1棟目の解体工事が完了しました。来年、2棟目の解体にうつります。 解体して気が付きましたが、思ったより敷地が大きいですね!   お庭に使われていた庭石をいただきました。手水鉢と小さな樹木が生えた …

解体前に思い出の材を保管する@京都下鴨平屋の家

京都下鴨平屋の家の予算調整も終わり、ついに着手です。 こちらが初披露?の軸組模型。里山上津台の家につづき、平屋の中庭型住宅です。 道路から一番奥がLDKで、道路側が寝室という高齢者にも配慮した平面計画です。   …

Japanese–>English

 

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

コメント

    PAGETOP
    Copyright(c) 2015-2018_ Yasushi TOYODA Architects Studio All Rights Reserved.