スイングドア打合~車庫入れ@町並みにあわせて車庫のドアをつくるプロジェクト

町並みにあわせて車庫のドアをつくるプロジェクトが、いよいよ始動です!

設計時、いくつかのメーカーさんを通じて、ようやくスイングドアを製作してくれる業者さんに出会いました。車庫のドアに限らず、この手のこだわりがある業者さんは、「絶対に探す!」という信念が必要です。著名なメーカーさんに製作を依頼しても、幾度となく「製作できない!」とつき離されるので、途中で諦めるとメーカー製のシャッターになってしまいます。

「つくれないと言われても、製作できる業者さん見つかるまで探します!」と、いくつかのメーカーさんに伝えたところ、最後にやりとりしていたメーカーの担当者さんに、「そこまで言うなら紹介します」とのことで、スイングドアをつくってくれる業者さんを教えていただけました。

そして、ようやくですが、先週、車庫のスイングドアを作ってくれる業者さんと打ち合わせをし、本格的に動き出しました。

下写真は、大工さんの車ですが、こんな感じに車が入ります。土庇が取り付くと、もっと町家の中に入っていく感がでます。

 
初お披露目のファサード。両隣の建物にあわせてデザインを揃えます瓦屋根の勾配も隣家と揃えました。勾配が揃うと綺麗ですね。さらに、土庇が取り付き瓦が葺かれると、もっと町家っぽくなります。これはたのしみです。

スイングドアが開いたあと、車は、こんな感じで車庫入れされます。

 
車庫内から見るとこんな感じです。
車庫は内装制限かかるので、木部は隠れます。内部の壁・天井は、明るいと目立つので、外壁と同じ黒系かな。

現場は、段取り良く、どんどん進みます。
普段は、設計事務所の仕事をしない工務店さんだと思うのですが、きちんと図面通り工事が進んでいます。

自社設計が強い工務店は、パワーありますね。

とっても安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA