0sim私のスマホは、フリーテルMIYABIという本体価格約20000円のスマホです。

以前は、兄から譲り受けたソニーの携帯を使用していましたが、電話の使用量が多いので毎月5000~6000円程度支払っていました。

ネットは公衆無線LAN 380円/月のみ使用し、あとは電話のみ。

 

携帯を変えようと思って、ドコモショップにいくと、

docomoの実質0円プランは、ネットとカケホーダイの契約しなければいけず毎月7000円程度の出費に。

5000円でも抵抗があったのに、さすがに7000円はちょっと・・。ということで、一旦、機種変更をあきらめました。

 

何度もDOCOMOショップに通っていると、あるマニアックな店員と気があって、しばらく話ていると、カケホーダイのみのプランがあるという話を聞きました。

 

え?

実質0円しかアピールしないから、そんなのないのかと思っていたのですが、実はそういうプランがあるようです。

ただし、機種本体の割引はなく、機種代を全額支払って購入しなければいけないようでした。

あとは、キャリアのメールが使えなくなる。というデメリット。

まあ、これはほとんど使っていないうえ、SMSで足りているので、まあ使えなくなってもいいかと。

しかし、全額支払いということは、今の携帯は7~9万はするので、さすがにそれはちょっと・・・。

ということで、シムフリー携帯を探すことにしました。

 

某T先生が、あるマニアックなスマホを使っており、購入を勧められましたが、同じスマホを使うのも面白くないので、別のを探した結果、今のスマホにたどり着きました。

 

フリーテルMIYABIは、デュアルsimで、simが2枚ささるという面白い機種。ただ、simを2枚刺しても同時待ち受けはできません。

当時もっていたスマホは、FOMA専用。

MIYABIは、LTE。

思い切って、FOMAsimをLTEのsimに切り替え、購入したMIYABIで使おうと試みました!

もし、つながらなかったらアウトというリスクはありましたが、まあ、いっちゃおう!ということで。

 

DOCOMOショップにいたマニアックな店員にお願いし、MIYABIにsimをセットしてもらって、機種変更完了!

無事なんの設定も必要なく電話はつながりました。

DOCOMO、フリーテルともに保証対象外らしいので、自己責任です。

動いてよかった。。

 

クロッシィのカケホーダイプランになったので、2700円/月+留守電+税になりました。

毎月の支払がこれまでの半額!これはお得!

 

ただ、これも2年縛り契約です。。まあ、それはいいか。。

 

それにしても実質0円の販売は、やはり抵抗がありますね。。

どう考えても、出費が大きすぎ。

 

MIYABIを使い始めて、1年経ちましたが、タッチパネルの精度が噂通り悪い。

常に触るものだし、ここの精度が悪いのはちょっとストレスです。

妻のIPHONEの素晴らしい反応を体感すると、なんじゃこりゃ!という感じも否めません。

 

おまけに、電話をしているときに、着信があるとバイブがなりぱなしで電話に集中できず。。

さらには、電話を終え、かかってきた電話にでようとしても電話に出れず。。

使い方が悪いのか・・・。何か設定があるのか・・・。

 

と、ストレスをかかえていたので、何かプラスに思えることができないか調べたところ、このデュアルsimにたどり着きました。

スロット1に、DOCOMOsim

スロット2に、0sim

を差し、

電話をするときは、DOCOMOsimを使い、ネット接続は、SIMを切り替えて、0simを使うというやり方。

 

0simとは、500MBまでは0円/月で使用できるというsimで、私の使い方にはぴったりのsimです。

 

これで、毎月の携帯代は、3700円程度で済みます。

 

シングルスタンバイ(DSSS)なので、1回1回切り替えて使う必要があり、同時待ち受けができません。

同時待ち受けというのは、ネットをしているときは、電話の着信発信ができないということです。

ただ、ネットしているときは、電車の中が主なので、電話にでることはなく、それはそれでありかと。

あとは、非常時につなげるだけなので、一日10MBまでの使用にとどめれば十分です。

今のところ、何不自由なく使えているので、デュアルSIMって思ったより便利かもしれません。

 

MIYABIは、500MBまでで制限がかけられるので、オーバーする心配もなし。

 

0simは、使い方によってはオススメの一品です!