荒壁も全乾燥し、ようやく中塗土塗りです。

中塗り土は、袋詰したものを使用します。

土と砂を1:1で混ぜて、スサを入れ混ぜ合わせます。

良い感じの色合いです。

 

中塗土を荒壁に塗っていきます。

まずは、下こすりで5mmほど塗ります。

右は、兄上。左は、助っ人の宮本さんです。

 

下こすりが完了。窓まわりは、割れないように寒冷紗を張ります。

新人のハタくんも、中塗り土を初塗りです。

 

そして、2回目の中塗り。

1回目は、水が引くので、2回塗り重ねます。

2回目は、丁寧に塗っていきます。

全面塗ると、これで荒土と中塗りで30mmです。

 

こちらは、中塗りが完成した2階壁です。

8月10日に塗った中塗り土は、撮影したサーモ映像(19日撮影)を見ると青っぽいので、まだ、表面温度が少し低いようです。

右手の黄色い壁は、石コウボードのなので、色の違いがよくわかります。

温度バーがないと真実味がないとセミナーで言っているので、こんな画像を紹介するのもなんですが、青っぽくなっている面が西面なので、ちょっとビックリの映像でした。