とりあえず18ケ国語のみです。

115ケ国語程度可能のようですが、スマホやタブレットでは、表示エリアがオーバーしてしまうので、2列分のみ表示させるようにしました。

昔は、英訳を書いて、わざわざ英語のホームページをつくらないといけなかったのですが、そんなこともしなくてよくなりそうです。