平成の京町家KYOMOの壁です。山本名人が塗った壁なので、解体前に再確認しました。

2013年3月に完成してから、約5年と4ヶ月後経ちました。2018年7月から、少しずつ解体作業をされるそうです。

 

外部正面の壁は、稲荷山黄土の切り返し仕上げ(山本さん確認済)です。

 

アップすると、こんな質感です。思ったより木が痩せていません。

 

この写真は、2013年3月の新築当時の写真です。

 

5年4ヶ月後の2018年7月の写真です。黄土は、すっかり落ち着いた色になっています。

外気にさらされると、色が徐々に変わっていくのが自然素材である土壁の面白さ。

 

こちらは、室内の、深草土の中塗り仕上げ(山本さん確認済)です。

 

アップするとこんな質感。ちょっと分かりづらいかな。

とても自然な感じ。