2021年4月予定、省エネ説明義務化へ。伝統構法による住宅はどうなっていくのか?

わかったようで、実はよくわかっていなかったので、省エネ説明義務化のスケジュールをまとめてみました。トップランナー向上努力義務、気候風土適応住宅の認定の仕組み導入もプロット。

少しわかりやすくなったでしょうか。

300m2以上の伝統構法による住宅で、気候風土適応住宅の認定を取る場合、個別対応しているという噂です。でも、該当物件ほとんどなさそうな気がします。

気候風土適応住宅の認定の仕組みは、現在、パブコメ募集中なので、意見が集まれば、委員会で揉まれて仕組みが決まって行くのでしょうね。2021年4月施行予定です。

大手住宅事業者は、省エネ適合義務化ではなく、向上努力義務です。ただ、適合状況が不十分だと国交省から勧告・命令等の対象になるようです。

これらも、パブコメの結果によって、少し変わるのでしょうかね~。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA