2月27日~3月4日までベネチアに行ってきました!

当然ながら、ベネチアといえば煉瓦造の建物がたくさんあるので、仕上げは塗り壁!

壁がどんな感じで割れているのか、色々調べてみました。

以下、色々勝手な見解を述べていますが、個人的な見解なので間違っているかもしれません。

 

DSCF4660

1,ベネチアの街の建物外壁です。

表面の仕上げ材と下地材が浮いています。

レンガの上に、砂漆喰ような素材を塗っています。

スサは入っていません。

 

DSCF4876

2,これは、カルロスカルパ設計のブリオン家墓地にあった外壁です。

日本の漆喰壁でも見られる、細かな割れ?模様が入っています。

砂、石灰、骨材を混ぜて塗っていそうです。スサは、入っているのか入っていないのかわかりませんでした。

水が侵入し、壁内部で膨張して割れてしまったようです。厚みは、3-5mmぐらいです。

何回かにわけて塗っていますが、小口がグレーなので、上塗りだけ茶色に色をつけたものにしているようです。

 

DSCF4856

3,こちらは、カノーヴァ美術館です。カルロスカルパが一部を増築しています。

その増築部の外壁です。

大きめの砂が入っています。これも、石灰に骨材が主素材っぽい。

石がアラワシになっているのは、風化の影響ですね。自然にこうなったようです。

ところどころカビらしき黒ずみがありました。

 

DSCF4851

4,こちらも、カノーヴァ美術館の外壁。

色が、茶色っぽい。レンガ色です。

この手の色の塗り壁はたくさんありました。

レンガ色の土なのか、レンガの余り?なのかを混ぜて塗っているかのような質感です。

これは、石灰に砂、レンガ色の土を混ぜています。

レンガ色の骨材に、石灰(白)を混ぜると、少し色目が白っぽくなると思うのですが、これがそうなった時の色目なのかな?

スサは、相変わらず入っているのか入っていないのかわかりません。

 

DSCF4812

5,こちらは、ベネチアの建物です。

上塗りは、漆喰に寒水のような骨材が入っています。ベージュがきつくムラもあるので、何か色粉?のようなものを使っていそうです。

下塗りは、漆喰に骨材のみ。色はなし。

さらにその下地は、モルタルに似たグレー色で、モルタルを掻き落としたような下地です。

 

DSCF4807

6,こちらも、ベネチアの建物です。

上塗り、下塗りともに、寒水のような骨材が入っています。これまでにみたものより少し大きめです。

下塗りは、寒水らしき骨材が多めで、上塗りは少し少なめです。

下塗りと上塗りは同時期に塗っているようなので、上塗りで剥がれているということは、水湿しがうまくできていなかったのかな?

追っかけて塗ったほうが喰らいつきがよかったでしょうね。

 

DSCF4805

7,こちらも、ベネチアの建物です。

ベージュ、茶ときて、紅色の仕上げ材。

やっぱり下地材は、モルタルに見えます。

色は、均一な色目なので、あきらかに着色料が入っています。

比較的新しい時期に補修されたのでしょう。

 

DSCF4765

8,サンマルコ広場付近にある美術館の中の柱です。

石膏のような質感。手で塗りつけて、通常では使わないコテで、押し付けたような質感。

 

DSCF4739

9,これもベネチアの建物です。

下地のレンガがうっすら見えます。

その上から、石灰と砂を混ぜたものを塗っているようです。

案内してくれた方に聞くと、レンガが重要文化材にあたる素材なので、その上の塗材はあくまで、そのレンガを保護するためだけとして意味するもののようです。

なので、剥がれていても、それほど気にしないそうです。

 

DSCF4710

10,トビアスカルパ設計のアカデミア美術館内部の壁。

ベージュの壁は、カルチェ ラザータという仕上げ方法です。

石灰に大理石の粉を混ぜて塗ったものだそうです。日本の人研ぎと同じやり方っぽいです。

水持ちがよいレンガ下地じゃないとできない仕上げだそうです。

 

黒い壁は、日本の大津壁っぽい仕上がり。とても綺麗でした。

二人×2日間で、約6坪ぐらい塗れるようです。

 

DSCF4687

11、ベネチアの街の床仕上げ

屋外の仕上げです。

レンガか石かを埋めて、同素材の塗材で隙間を埋め、研ぎだしたような質感です。

同素材なので思ったよろ目地が目立たなくて綺麗でした。

 

DSCF4882

12,最後は、再び、カルロスカルパ設計のブリオン家墓地にあった外壁です。

黒い帯の下に水シミ&カビらしき黒ずみができています。

こちらは、案内してくださった方いわく、「補修を失敗したんだろう」ということでした。

ベージュの壁は、少し黒い帯よりも1mm程度出っ張っていたので、雨がかかりになってしまい、黒ずみにいたったように思います。

補修をする際、下地をめくらずそのまま塗ってしまったのかな。

あと、カビが生えるということは、雨水を保水してしまったということなのでしょう。

全体的に、黒ずみが浮いてきているように思うので、それも下地の処理がうまくいっていなかったのでしょう。

 

 

まとめ。

 

ベネチアの建物は、下地はレンガなので「塗」の文化。左官職人の腕が活かせる場がたくさんありました。

ベネチアでは、日本のように、左官屋さんの仕事が減っていくことはないのでしょうね。

伝統的な建物を残すことこそが、左官屋さんの仕事をつくることに繋がるのかもしれません。

 

ベネチアの壁は、日本で使われている素材・壁と多くの共通点がありました。

ひとつ大きく違ったのは、スサが見受けられなかったことです。

割れ止めとして、日本ではつなぎ材として藁スサ等を入れるのですが、ベネチアにはそれらしきものが入っていないようでした。

もしかしたら、入っているかもしれませんが、とても小さなスサなのかもしれません。

ベネチアは、硬水なので割れが出にくいのかも。。。と想像してみたり。

一度、日本の軟水とベネチアの硬水の違いをためしてみたいところです。

 

最後に、

カルロスカルパは、日本で亡くなったのですが、ウィキペディアでは「自殺かも」と書いてありました。

実は、あれは間違いだそうです。

スカルパの息子さん–>元スタッフ–>私、ルートでの情報ですので確かです。