先日の東京出張時、帰りの時間ができたので「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」展を見てきました。

入場料はそこそこですが、思ったより人がたくさん見に来ていました。

 

色々見た中で、やはり目に止まったのは「土」。2事例?が紹介されていました。

色々な素材の提案がある中で感じたことは、私は、やはり「土」を極めるしかない!ということ。

 

 

木は、色々な建築家の方が実践し、面白い架構が生み出されていますが、土はまだまだ発展途上。

土を扱おうと思うと、職人と連携が必須なので、難易度が高い上、土を活かした構造デザインはもっと難しい。

 

土ブロックは、そのデザインの中の一つ。土は、木やコンクリートで表せない表情がつくりだせるのも面白みです。

展示を見て、私しかできない、チャレンジをしてみようと思いました!