南禅寺の家に訪問。数日前に剪定をしていただいたそうですが、緑が青々と育っています。とても綺麗。

さて、先日の6弱の地震で土壁の割れ等がないか確認しましたが、特に変わった様子はありません。伝統建築は、柳のようにしなって地震を吸収する柔構造という話をよく聞きますが、それだと土壁が割れたり剥がれたりします。土壁は、剥がれても治せる素材ではありますが、治す費用がかかります。長い目で見て、その費用を捻出できるどうかもよく考えないといけません。

剛構造にして割れにくくするか、柔構造にして割れても治せるようにするのか選択肢は2択ですが、私は剛構造が今の時代にあっているのかと思います。

 

お隣の改修工事が終わったようです。前面の植栽もそのままですし、うまく治されたようです。