今日は、京都大の中川貴文先生にお越しいただきwallstatの実践講習。

参加者は、精鋭揃いの13名。皆さん、住宅医協会の住宅医さんや住宅医スクール修了生、現役生です。

事務所の建物を石場建ての町家と仮定して、シミュレーションをしてみました。

中川先生は、工学的に使える公式をつくり、さらにシミュレーションプログラムまで一人でつくれるのですから、もう天才の域です。

ほんとびっくりします。

 

早速、講義を受けてつくったモデルがこちら。

住宅医協会が入るフクマチヤを、石場建ての建物として入力してみました。入力にはコツがいりますが、斜めに掛ける登梁ができることを初めて知りました。

あと、梁や柱をクロスして入力しないということがポイントです。

 

こちらがシミュレーション動画です。

左が足元固定。右が足元フリー。壁は、全て土壁。水平構面は合板Wです。

こうして、シミュレーションするとわかりますが、足元フリーのほうが、壁の色が変わる部分が少なく、ダメージが少ないようです。

基礎をつくる意味は、劣化や腐朽のこともあるので、一概に足元フリーのほうが100%よいとは言えませんが、これで、家の持つ耐震性能を客観的に評価することができそうです。

設計者や一般の方にとって、とてもわかりやすい耐震性能の見える化ですね。

 

以下は、簡易構造計算結果です。そのままコピペしました。

令46条壁量計算結果

存在壁量(m) / 必要壁量(m)
1層X方向:13.005 / 12.097 = 1.075
1層Y方向:5.460 / 12.097 = 0.451
2層X方向:5.915 / 3.726 = 1.587
2層Y方向:2.730 / 3.726 = 0.733

令46条耐力壁の偏心率
1層X方向:0.027
1層Y方向:0.563
2層X方向:0.039
2層Y方向:0.038

床面積(m2)
1F:41.714
2F:24.843

品確法 壁量計算結果 等級3

存在壁量(m) / 必要壁量(m)
1層X方向:13.005 / 17.059 = 0.762
1層Y方向:5.460 / 17.059 = 0.320
2層X方向:5.915 / 7.747 = 0.763
2層Y方向:2.730 / 7.747 = 0.352

一般診断 壁量検討結果

保有する耐力(kN) / 必要耐力(kN)
1層X方向:65.886 / 34.623 = 1.903
1層X方向:23.482 / 34.623 = 0.678
2層X方向:29.311 / 9.192 = 3.257
2層X方向:14.023 / 9.192 = 1.594

耐震要素の偏心率
1層X方向:0.028
1層Y方向:0.359
2層X方向:0.039
2層Y方向:0.038

構造計算 壁量検討結果

短期許容せん断耐力(kN) / 地震力(kN)
1層X方向:25.490 / 23.878 = 1.068
1層Y方向:10.702 / 23.878 = 0.448
2層X方向:11.593 / 9.806 = 1.182
2層Y方向:5.351 / 9.806 = 0.546

耐震要素の偏心率
1層X方向:0.027
1層Y方向:0.563
2層X方向:0.039
2層Y方向:0.038

重量
W1:82.212
W2:37.178

Ai分布
1階:1.000
2階:1.319