AutoLISPへトライ!任意移動回転、任意移動複写、90度回転など自作しました

CADの移行を検討しています。数ヶ月調査した後、A社、B社、C社、D社、E社のソフトの中から、2社に絞りました。(頭文字はメーカーCAD名ではありません。ご注意ください。)

今の所、C社の体験版CADを使い、実務で使えるかテストしています。

移行にあたり大きなポイントとなるのは、今使っている自作コマンドがそのまま動くかどうかがです。

C社のCADは、8割ほど元々使っていた自作コマンドが使えたので、あと2割がうまく動けば移行はスムーズにできそうです。

早速ですが、メーカーさんのWEBページを参考に、DIESEL式をAUTOLISP式に修正してみました。

任意移動回転、任意移動複写、90度回転の3つです。便利なのに、なぜデフォルトで入れてくれないのか不思議です。さらには、ネットで検索してもAUTOLISP式のものはでてきませんでした。これも不思議。ほかに便利なコマンドがあるのかもしれません。

任意移動回転と任意移動複写

上図参照。傾いた破線の四角形(オレンジ)を白い線に回転移動(複写)するコマンドです。

90度回転

これは、図形を選択して、ワンクリックで図形を90度回転させるコマンドです。これができたので、あとは応用で、45度、180度、4寸、3寸、2寸、1寸コマンドをつくることができます。

つくってみた感想ですが、AUTOLISP式のほうが頭に入りやすいです。ただ、とても苦労したので、式を書くのは控えます。ごめんなさい。

ということで、導入にあたり障害はひとつクリアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA