宮津で農家をしている知人宅に、稲刈り体験とストックの苗の植え替えをお手伝いをしてきました!
お天気もよく、ちょうど収穫時期だったのでグッドタイミングです。

DSCF0772

土曜日のお昼ごろ出発し、2時半頃現地到着。稲刈りは、稲刈り機械(バインダー)を使うので、人手は不要とのことで、ストックの苗の植え替えをお手伝いしてきました。作業は、パレットに植わっている苗を一個一個、畑に植え替える作業です。機械ではできないので、一本一本植えていきます。これはなかなか根気がいります。

この日は、夕方まで苗植をし、知人宅で一泊。

DSCF0784

次の日も、朝から苗植です。一息ついたところで、稲刈りも見学&体験。カマで稲を刈ってみました。昔の人は、機械などなかったので、その大変さがわかります。

DSCF0791

が、ここで、トラブル!稲刈り機械(バインダー)が壊れたみたいです・・・。
ベルトが切れて、収穫ができなくなったとのこと。収穫時期なので大変。

DSCF0748

収穫後は、乾燥機に入れて数時間乾燥&保管します。乾燥後、機械でもみがらをとり、玄米となったお米がこれ。この状態が玄米なので、精米機にかけて、ぬかと胚芽(はいが)をとり白米にします。

 

DSCF0746

もみがらを取る工程で、NGとなりハネられたもみ。先ほどの玄米とくらべると、色目や大きさなど不均一なのがよくわかります。

DSCF0807

稲刈り体験も終わり、引き続き、ストックの苗の植え替えのお手伝いです。一本一本植え替えを行って、3時頃ようやく2列が完成。3人(7時間)でこの状態。80代?の知人のお母さんは、2日で全て植えてしまえるそうです。すごい!ただ、同じ姿勢で、地道な作業をコツコツしないといけないので、農家の方も大変そうです。

帰りの時間もあったので、3時頃作業を終え帰路へ。

2日間のお礼として、新米10kg(特A)を頂きました!新米は、ちょっと水っぽいらしいので、少しおいてからいただこうと思います!