住吉本町の家の床材は、国産桧と国産松とを住まい手が検討された結果、国産のカラマツフローリングになりました。

DSCF4055

赤身がとても暖かみがあり、足ざわりもよさそうな感じです!

杉のようにも見えますが、触った質感がやはり違います。

杉ほどの柔らかさはなく、広葉樹のような硬さもなく程よい感覚。

無塗装品なので、竣工時に住まい手と一緒に自然塗料を塗る予定です。

DSCF4103

この木口面の年輪が国産材の証拠です。

四季がある日本であるがゆえの年輪です。

DSCF4064

土壁は、ひび割れビッシリ。

土が乾燥した証です。