住宅医スクール2016の開講が迫ってきました。

今日、第1回目の東京大阪、広島熊本の講義資料が完成したので事務局へ送付。

東京と大阪は、美濃加茂の古民家を改修した事例を紹介します。

広島と熊本は、芦屋の土壁でできた住宅の改修事例を紹介します。

どちらも濃い内容です。

特に土壁の断熱と防露に関しては、みっちり説明をしておきたいと思います!

 

さて、

今年は、東京6/9~と大阪6/11~に加え、広島6/29~と熊本7/9~で開講します。富士は、プレスクール7/20~を行います。

住宅を改修する際に、どういう手法・考え方で構造、温熱、防火、維持管理、劣化、高齢者対策を行うのか、実務により近い講義をしていただくことになっています。

全8回。10:45~18:15まで4講義あります。

1~3講義は、レギュラー更新陣による講義となり、ガッツリお勉強です。

4講義目は特別講演として建築家、評論家、研究者等に依頼し、住宅改修にかける意義や可能性、今ホットな話題を提供していただきます。

東京スクールは、堀部安嗣さん、瀬野和広さん、松井郁夫さん、南雄三さん、栃木渡さん

大阪スクールは、印南和広さん、瀬野和広さん、桝田洋子さん、吉里裕也さん、中西ヒロツグさん

広島スクールは、横内敏人さん、山辺豊彦さん、向山徹さん、藤岡龍介さん、安井昇さん、南雄三さん

熊本スクールは、震災のこともあり、講師を変更しまして、大橋好光さん、山辺豊彦さん、槌本敬大さん、古川保さん、五十田博さん、安井昇さん、南雄三さん

の面々です。

ご興味が有る方は、是非、お申し込みください。

http://sapj.or.jp/sapj